プログラム

緊急企画!漫画村再検証!

15:50-17:10 @大会場

横浜地裁の近所でエンジニアのあなたと共に語り合う、漫画村事件の影に潜む「4つの闇」
すなわち:
・法改正の闇
・法解釈の闇
・報道の闇
・広告の闇
専門家のパネラーの皆様との上記についてのやりとりを通して、
会場のITエンジニアの当事者としての立ち位置を考えられる会になればと考えています

当日の進行により内容が一部変更となる場合があります

登壇者

セッションオーナー

村田篤紀

石川県出身 本来の専門はソフトウェア工学。 地方のFM放送局関連会社や、OSSの会社、通信キャリア・ISPを経て、石川にUターン目的でDMM.comラボの前身であるDooGAに入社するも東京で勤務。その後他社にてインフラエンジニアをしていたが、2014年から再びDMMに合流。 日本インターネットプロバイダー協会の理事、モバイル部会の副部会長も務める。

スピーカー

高木浩光

コンピュータセキュリティ技術の研究に従事する傍ら、関連する法規に研究対象を広げ、これまでに、不正アクセス禁止法が規制する範囲に関する論点、不正指令電磁的記録に関する罪の解釈を巡る論点について論考を発表してきた。近年は、個人情報保護法の制定過程について情報公開制度を活用して分析し、今後の日本のデータ保護法制のあり方を提言している。著書に「ニッポンの個人情報」(共著、翔泳社)、「GPS捜査とプライバシー保護」(共著、現代人文社)など。

宮本久仁男

現業は企業内CSIRTのメンバとして、日々インシデント対応に取り組むエンジニア。 博士(情報学)、技術士(情報工学部門)、Certified SIM3 Auditor 1991年に就職後、研究開発、技術支援、セキュリティマネジメント業務を経て、10年近く前にCSIRT業務を手掛けるように。時間を作って、雑誌/Webメディアへの寄稿や書籍の監訳・著述、各種オタク活動に勤しむ。代表的な書籍は、実践 Metasploit(共同監訳(監訳統括を担当)/オライリー)、イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本(共著/SBクリエイティブ)。 なお、本セッションでの私の発言は、所属組織を代表するものではありません。

森亮二

弁護士法人英知法律事務所 パートナー弁護士 第一東京弁護士会所属、ニューヨーク州弁護士 東京大学 法学部卒業、ペンシルバニア大学ロースクール卒業 平成30年6月~ 内閣府 インターネット上の海賊版対策に関する検討会議 平成30年7月~ 経済産業省 デジタル・プラットフォーマーを巡る取引環境整備に関する検討会 平成30年10月~ 総務省 プラットフォームサービスに関する研究会

企画 / 運営

CROSS Party 2019 実行委員会

ご要望、ご意見などは Twitter アカウントFacebook ページ までお問い合わせください。

©️CROSS Party 2019 実行委員会 All Rights Reserved.